2019年5月24日
Breaking News

看護師として採用されるコツ

看護師として転職する時に、採用されたらいいなと意気込んで面接に向かうはずです。またどんなことを聞かれるのかな?どんなところを見られるのかな?と不安もあるでしょう。不安が大きくても面接での採用されるときのコツを知っておけば少し安心です。

病院の求人を出しているところというのは、即戦力となる人材を求めているところです。看護師として新人であれば一から教育していくことが必要となります。しかし新人ではなく、転職として経験者を求めるというのは、これまでの経験で教育する事も少なく、さらにこれからの即戦力を求めているということに他ならないのです。そのため、どんな経験をしてきたのか、どんなことができるのかということを説明できるように答えを考えておくと安心です。

転職までの経験年数が少なく、自分の看護師としての知識や技術に自信がないという人もいます。自分ができるということを伝えるのも過大評価になりそうで嫌だと感じることもあるでしょう。そんな時には、これまでの看護師の経験でこんなことに携わってきたけれど、知識としてはまだまだなので、もっと勉強したいという具体的な目標を伝えるのもコツの1つです。やる気がある、仕事に対する意欲があるということは、仕事に一生懸命に打ち込んでくれるという評価につながるからです。

看護師の転職をする時には、誰もが大きな不安を抱えています。しかし採用につながる面接のときに、難しい質問でも、明るくしっかりはっきりした口調や態度で対応することが大切です。