2019年12月15日
Breaking News

転職チャンスは病院が合わない時

看護師が転職を考えるには、今、勤務して病院が自分に合わないと判断した時です。

例えば、新人でよくわからないのに就職した病院は、多忙で一息つく暇もないほどいつも仕事に追われているような場合、新人の看護師だったらそんな中で仕事をどうやってやったら良いかわからない時があるはずです。普通の病院でしたら、先輩看護師に隙間時間を見つけてわからないことを尋ねる時間はありますが、超多忙な病院は救急搬送されてくる患者が多くて、先輩看護師に何をすれば良いか尋ねる時間もなく、ただ言われたことを意味も理解しないままにやるだけで終わってしまいます。

もちろん、各患者のデータなどはその忙しい中でまとめなければならないので、新人看護師だからと言って特に見てくれる余裕はありません。このような病院だったら、新人看護師が勤務するにはハードルが高いような感じがします。もう少し余裕があってアドバイスをしてくれる先輩看護師がいるような病院に転職した方が看護師の仕事を覚えることができます。ですから、いろいろな病院の情報を見てあまり忙しくない病院をみつけた上で新たに勤務先を探して、その病院で看護師として働きながら力をつけるようにした方が良いと思われます。

難しい国家試験をパスして看護師になったのですから、自分が看護師として活躍できる病院であり、なおかつまだ新人ですから勉強しなければならないことはたくさんあります。今の自分に合った病院で働くことが大切です。